お知らせ

「ガイドヘルパー養成講座」報告 イベント

3月1日(木)、14名の受講生(1年生8名・2年生6名)を迎え、「ガイドヘルパー(移動支援従業者養成研修・同行援護従事者養成研修)」養成講座がスタートしました。
 
そして、3月3日(土)は、教室での「障害者福祉制度」「業務」「職業倫理」「移動介助基本技術」等の講義を生かすべく、四条畷駅周辺やJRに乗車し、忍ヶ丘駅周辺の店舗のご協力もいただき、ガイドヘルパー業務の現場体験の演習となりました。
 
生徒たちは、歩行者や自動車にも気を配りながら、踏切を渡る方法や、エレベーターの乗り方、プラットホームや乗車時の注意点を確認したり、店舗では(車椅子からは見えにくい)高いところにある商品を一生懸命説明し、購買の意思を確認する等「生きた」実習を行いました。
 
この講座を通して、生徒たちが、豊かな福祉社会実現のリードオフマンとなることを期待してやみません。