緊急事態宣言下における学校の対応について

2021年04月23日(金)
教育活動

コロナ感染者の増加により、4都府県に3度目の緊急事態宣言が発令されることとなりました。期間は、4月25日から5月11日までとなっています。大阪府(大阪市を除く)の小学校・中学校・高等学校の対応は、現時点におきまして、臨時休業を要請せずに感染防止対策を万全にしたうえで対面授業を実施することとなっており、休校とはなりません。ただし、校内に感染者が出た場合には、保健所からの指示により、濃厚接触者の指定と消毒のために、数日間の休校、もしくは学級閉鎖の措置を執るケースがあります。

本学園におきましても、大阪府教育庁私学課の方針に従って、教育活動をストップさせないように努力してまいります。そして、もしもの場合に備えて、オンラインを活用した学習の準備もしております。また、学園には保育園・幼稚園から大学までの学校があります。そのいずれかで休校という特別措置を執った場合についての他校園の対応については、感染状況を精査し、保健所や学校医と相談をしたうえで、他校園でも休校が必要かどうかを判断いたします。よって、休校や時差登校する校園があっても、他校園は通常授業となるケースが多いことをお知りおきください。