お知らせ

  • お知らせ一覧
  • 大阪学フィールドワーク「大阪環状線が熱い」報告

大阪学フィールドワーク「大阪環状線が熱い」報告 お知らせ

10月9日(水)の大阪学は、「大阪環状線が熱い!」をテーマに、京橋駅から天王寺駅までの発車メロディーを聞き、各駅の選曲理由を学習してきました。 
 
大阪環状線は、19駅の乗降客数が1日116万人にのぼるドル箱路線ですが、「車両は古くて駅は汚い」のマイナスイメージが強く、そのためJRでは「大阪環状線改造プロジェクト」を立ち上げ、新型車両の投入・トイレ改良等に取り組み、イメージアップをはかっていて、駅ごとの発車メロディーはその第1弾として採用されました。
 
生徒たちは、ひたすら環状線の乗降を繰り返し、中には「本当に環状線って回っているの?直線ばっかり」と不思議がる生徒や、「久しぶりに乗ったけど、確かにきれいになっている」と、JRが聞いたら喜ぶような感想も聞かれ、出発の京橋駅「うまいもんの歌=駅周辺のにぎやかさ」から終点の天王寺駅「あの鐘を鳴らすのはあなた=四天王寺の鐘」と発車メロディーを聞き、その洒落っ気ある選曲にも感心しきりで、途中下車した玉造駅では、駅名の由来となった勾玉造り(まがたまつくり)と、あの懐かしい環状線車両103系をバックに記念撮影をして下校しました。