2020年度 特進コース卒業
卒業生のお母さま

姉妹で四條畷学園高等学校に大きく育てていただきました

息子も娘も特待生で3年間お世話になりました。
二人とも四條畷学園中学校に在籍していたのですが、息子は英語教育を目当てにそのまま高校に上がりました。妹の方は、兄が高校でいきいきと学園生活を送っている様子を見て、自分も!という気持ちで四條畷学園高等学校に上がりました。
四條畷学園高等学校での学校生活は、息子と娘にとっても、そして親にとっても全てが期待以上でした。
先生方の面倒見が良く先生と生徒の距離が近いのが親の方にも伝わってきて、生徒ひとりひとりをすごく大事にされる学校だという事が、子供の様子を見ていたらよくわかりました。
四條畷学園高等学校での学校生活は、ただ勉強するだけでなく、プレゼンの機会を多く与えてくれたのもあり、おかげで子供たちのコミュニケーション力が培われ、物怖じしない子に育ってくれたと思います。その経験や力をいかし、今後も誰とでもコミュニケーションを取れ、笑顔を絶やさない子でいてくれると良いな、と思っています。