学校情報 学校長メッセージ

  • 学校長メッセージ
head_teacher head_teacher_sp

やがて誰かを幸せにできるよう

学校長 飯田 英佳

幸せになるには、人を幸せにすることです、とある人が言いました。 幸せにしてもらいたいと待つのではなく、困っている人に手を差し伸べたり、誰かの役に立つ仕事をしたりすることを通して、 気がつくと自分も幸せであることが実感できるというのです。

やがて人を幸せにし、誰かの役に立てる人になるために、どのような高校生活を送れば良いでしょうか。 高校生活では、青春の今を楽しむ一方、将来の目標のために努力し自分を鍛え成長させることも目指さなければなりません。 人のために自分にできることは何かと考えながら、勉強したり活動したりするのですが、厳しいことや頑張らなければならないことは、ついあと回しになりがちです。

3年間の高校生活で大切なことは、学習や体験を通して人として成長することです。 温かい心を持ち、礼儀やマナーを心がけ、良い友人関係を築き、行事や活動を通して達成感や感動を味わいましょう。 そして、未来を切り開くための知識や技能を学び、幅広い考え方や教養を身につけましょう。

まずはこの1年間、やりたいことや、やるべきことは何かを考え、3年後にはどのような人になりたいかを思い描きながら、 毎日、有意義で充実した時間を過ごしてください。いつの日か周囲の人を幸せにできるように、 また、自分も幸せになれるように。